*わじまの海塩・わじまの水塩

- 本製品の取扱は終了致しました。- 

SPA-NETオンラインは、温浴資材の総合情報サイト アクトパスドットインフォと、カート式購入サイト 浴場市場に移行しましたので、最新情報はそちらでご確認下さい。
温浴資材の総合情報サイト アクトパスドットインフォ温浴資材の総合情報サイト アクトパスドットインフォ
.

*売店販売品 わじまの海塩・わじまの水塩

「わじまの海塩」

わじまの海塩 おむすびに・浅漬けに・食卓に・調理の最後に使う「後塩」に最適です。



暖流の対馬海流と寒流のリマン海流が混じり合い、魚介類や海藻の宝庫として知られる奥能登・輪島沖。そこは、今でも四季折々に海女さんがアワビ・サザエ・テングサ・ワカメなどを素潜りで収穫する「海女の海」です。清浄で滋味あふれるその海水から「わじまの海塩」は生まれます。

世界でも珍しい「室内低温自然蒸発結晶法」
日本では明治時代より専売制とされてきた塩が2002年に自由化されると、産地や製法は爆発的に増えました。現在日本で流通している塩は2000種類以上といわれています。

海塩

自然海塩 無添加

室内低温自然蒸発結晶塩

天日干し塩

平釜炊き塩

再生加工塩 成分調整

自然海塩加工塩

イオン交換膜製法塩加工塩

イオン交換膜製法(精製塩)

岩塩

溶解法岩塩

採掘法岩塩


ゲランドの塩に学び、さらにその先へ
「わじまの海塩」はゲランドの塩の製法を参考に開発されました。ゲランドの塩とは、フランスのブルターニュ半島の根っこに位置している塩田で作られた塩のことで、美味なる海塩として有名です。ここの海もまた輪島沖と同じく、多くの魚や海藻が集まる豊かな漁場となっているのです。 ところが太陽光と風によって自然に結晶化した塩を収穫するゲランドの塩は、天候によって生産量が左右されるという難点がありました。「わじまの海塩」を安定供給するために考え出されたのが、天候に左右されない室内で海水に体温と同程度の熱と風を当て、ゆっくりと結晶させる「室内低温自然蒸発結晶法」だったのです。

「奇跡の塩」の誕生
こうして誕生した「わじまの海塩」ですが、調べてみると、ミネラルバランスが人間の血液とほぼ同じであることが分かりました。つまり、精製塩などと比べ、より負担なく体内で消化吸収されるのです。また、低温で緩やかに結晶しているため、素材にすぐ馴染み、同時に酵素を活性し、素材を分解、発酵を促すので、究極の味・うま味が引き出されます。
おいしくて体にもやさしい「わじまの海塩」は、自然の恵みと輪島の塩士の知恵が運命のように融合して生まれた、まさに「奇跡の塩」なのです。
その後、塩分濃度3度の海水を25度まで濃縮する特殊技術により、無添加「天然だし・わじまの水塩」も誕生しました。

高級スーパー紀ノ国屋インターナショナルで売れ筋 №1
国内外、約50種の塩がそろう、高級スーパー紀ノ国屋インターナショナルで売れ筋 №1。

・新聞記事 東京新聞 2009年10月31日(土) 夕刊
わじまの海塩


「わじまの海塩」の特徴

清浄で滋味あふれる奥能登・輪島沖‘海女の海’の海水100%利用
石川県輪島市から50km沖の日本海に舳倉島(へぐらじま)という離島があります。
舳倉島では万葉の昔からアワビ漁が行われていた記録があり、現在も200名以上の海女さんが、春はワカメ、夏季にはアワビやサザエ、冬はナマコと、季節に応じて素潜りの海女漁をしています。「わじまの海塩」は、そんな自然豊かな舳倉島からさらに約2km沖合の水深30m地点で取水した、清浄で滋味あふれる海水を原料にしています。
清浄な海水を100%使用したミネラルバランスのよい塩です。釜炊きせず、海水の上から低温の熱を当てて、緩やかに結晶させました。そのため、素材に素早く浸透して、発酵を促し、究極の味・うま味が生まれます。

低温結晶で素材にすぐ馴染む
「わじまの海塩」は釜炊きをせずに、海水の上から体温と同程度の熱をあて、低温でゆっくり蒸発・濃縮させて結晶化させた塩です。そのため、ミネラルがイオンの状態に戻りやすく、素材にすぐ馴染みます。さらに、素材を分解し、発酵を促す効果を発揮します。

人間の血液とほぼ同じミネラルバランス
能登・輪島は古来より濃厚なうま味調味料「いしる(魚汁)」の産地です。魚醤の一種である「いしる」はイワシ・サバ・イカ等のはらわたを塩漬けし、発酵させて作りますが、発酵には腐敗を抑止するナトリウムと発酵を促すマグネシウム・亜鉛等のミネラルバランスが重要です。「わじまの海塩」は人間の血液のミネラルバランスとほぼ同じ。そして、それは、発酵にふさわしいミネラルバランスでもあります。だから、究極の味・うま味を生み出します。

「医食同源」・美味と健康の源
常識と思われている塩の働きの一つに、「殺菌作用がある」「微生物の繁殖を抑える」「酵素の働きを抑制する」というものがありますが、実は、これらは近年の日本人が主に摂取してきた精製塩=塩化ナトリウムの働きなのです。菌を殺すということは、悪玉菌だけでなく、善玉菌も殺してしまうということ。塩化ナトリウムは、身体の中で有用な酵母や乳酸菌などの微生物まで殺してしまうのではないでしょうか。また、酵素が身体に良いと最近注目されていますが、せっかく酵素が多く含まれる新鮮な野菜・果物・生の魚や肉や発酵食品をいくら摂っても、塩化ナトリウムと一緒に料理すれば酵素の働きは抑制されてしまうのです。

   ※「わじまの海塩」は株式会社美味と健康の登録商標です(登録 第5258901号)

わじまの海塩の商品ラインアップと販売価格



  わじまの海塩 100g  メーカ希望小売価格 525円(税込)  納入ロット 100
  わじまの海塩 200g  メーカ希望小売価格 945円(税込)  納入ロット  70
※ 納入ロット以下で納入する場合には、別途送料がかかります。

納入価格は下記よりお問合せ下さい。


「わじまの水塩」

わじまの海塩魚料理や肉料理の味付けに・下ごしらえに最適です。



「わじまの水塩」は、七ツ島から取水した海水を、室内で直火をあてずに低温でじっくり蒸発させ、途中で苦味・渋味・エグ味の元になる成分を取り除き、濃縮させて作ります。 一般に、塩分濃度が28度まで濃縮すると結晶化した塩になります(普通の海水は塩分濃度3度)。海水を塩分濃度25度まで濃縮する技術は、日本では「わじまの水塩」の生産者だけが持つ技術です。 京都の懐石料理人が塩を水で溶かし、殻や卵白でアクをとって作ったという水塩とはまったく違う製法です。

「わじまの水塩」の特徴

清浄で滋味あふれる‘能登・輪島’の海水100%の天然だし
石川県輪島市から約20km沖の七ツ島海域。その清涼で、調味に最適なミネラルバランスの海水を低温でじっくり蒸発させて濃縮し、結晶化する直前の塩濃度25%で加熱を止めたものが「わじまの水塩」です。その滋味あふれる味わいは、海水100%から作られたまさに「天然だし」です。

液体だから、むらなく味付け
液体のため、少量でむらなく素早く素材に浸透し、均一に塩味をつけることができます。また、そのミネラルバランスにより、塩を感じさせずに素材本来のうま味を引き出すことができます。液体のため、少量でむらなく素早く素材に浸透し、均一に塩味をつけることができます。また、そのミネラルバランスにより、塩を感じさせずに素材本来のうま味を引き出すことができます。

料理の味付けに、下ごしらえに
野菜や穀類の糖質(炭水化物)を活性化させるナトリウムと、肉や魚のたんぱく質を活性化させるマグネシウムのバランスが絶妙。二つのうま味を引き出すので、どんなお料理にもぴったりです。

「農林水産省 総合食料局長賞」受賞
「わじまの水塩」は、平成19年度 優良ふるさと食品中央コンクール 「新技術開発部門 農林水産省 総合食料局長賞」を受賞しました。

わじまの水塩の商品ラインアップと販売価格


わじまの水塩 100g  メーカ希望小売価格 735円(税込)  納入ロット  70
※ 納入ロット以下で納入する場合には、別途送料がかかります。

このページのトップへ

ゾーン別商品メニュー

駐車場

エントランス

下足

フロント

売店

喫煙所

リネン

脱衣室

浴室

サウナ

岩盤浴

マッサージ

休憩処

トイレ

飲食部門

施設全般

経営企画室